ヘッダナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。

ここから本文です。
総合案内

HOME » コンクール実績 » 大﨑寛惟

コンクール実績

第3回HBA/国分 (株)共催 カクテルコンペティション アリーゼ部門 優勝
バー「サンドバンク」バーテンダー 大﨑寛惟(おおさき ひろただ)

ホテルグランヴィア大阪 バー「サンドバンク」バーテンダー 大﨑寛惟(おおさき ひろただ)は、2015年8月に開催された、カクテルの全国大会「第3回HBA/国分 (株)共催 カクテルコンペティション」で、日本一の座を獲得しました。

HBA/国分 (株)共催 カクテルコンペティションとは

このコンテストは、約300年の歴史をもつ食品酒類総合問屋の国分(株)と、全国のホテルバーテンダー等が会員となり組織されているHBA(一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会)の共催で実施されているカクテルコンテストです。

第3回大会は全国で141名が参加した予選が行われ、これを勝ち抜いた30名が名古屋での本選に挑みました。本選は、審査員や約250名の観客が見守るなか、各バーテンダーが4分間という持ち時間の中で、コンクール課題「ジェネレーション」を表現したカクテルを披露し、順位が決定したものです。

1位受賞作品と大﨑の挑戦

大﨑はこのコンクールで、 "世代を超えて吹き抜け、幸福を運ぶ永遠の風"を意味したカクテル「エテルリーゼ」を製作いたしました。この「エテルリーゼ」は、鮮やかな緑色やさっぱりとした味わいで「風」の爽快感を表現しており、さらにグレープフルーツジュースやリキュールを用いることで爽快感をより一層際立たせるなど、総合的なバランスが評価されました。 この渾身の一品は、多くのお客様からご支持いただくカクテルとなっており、大﨑は現在も自らの技術向上とお客様へのサービス向上に、コンクールへの挑戦を続けています。


PAGE TOP

本文に戻るにはここでエンターキーを押してください。
  • JRホテルグループ
ページの終わりです。ページ先頭へ戻るにはここでエンターキーを押してください。