ヘッダナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。

ここから本文です。
総合案内

HOME » コンクール実績 » 柏木健一

コンクール実績

「第37回 ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール 日本大会」 優勝
「第37回 ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール 世界大会」 第3位
フレンチレストラン「フルーヴ」シェフ 柏木健一(かしわぎ けんいち)

ホテルグランヴィア大阪 フレンチレストラン「フルーヴ」 柏木健一(かしわぎ けんいち)は、2003年9月に東京で行われた「第37回 ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール ジャポン」で第1位を獲得し、その後日本代表として出場したフランス・パリの世界大会において、第3位を獲得しました。

「ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール」とは

このコンクールは日本から参加できる数少ない伝統ある国際大会のひとつで、過去の優勝者にはジョエル・ロビュションなどが名を連ねるなど、世界中の若手フランス料理人の登龍門として名高いものです。柏木の参加した第37回大会ではフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ベルギー、スイスなど11カ国が参加し、世界大会にはそれぞれの国から選ばれた代表1名が出場しました。

フランス・パリで行われた世界大会

パリで行われた世界大会では、コンクール前日にコンクールの明確なテーマや材料が抽選で決められ、当日は5時間で作品を仕上げました。ハイレベルの世界大会において見事柏木は3位を獲得し、後進のシェフへと続く道を作りました。
当ホテルでは、現在でも積極的にコンクールに挑戦し、調理の技術やサービスの向上に取り組んでいますが、柏木が獲得したこの世界大会3位という実績が大きな力になっています。



PAGE TOP

本文に戻るにはここでエンターキーを押してください。
  • JRホテルグループ
ページの終わりです。ページ先頭へ戻るにはここでエンターキーを押してください。