ヘッダナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。

ここから本文です。
総合案内

HOME » コンクール実績 » 竹山正剛

コンクール実績

「第4回 JRホテルグループ レストランサービスコンテスト」 優勝
レストラン部 スペイン料理&バル「ローザ・ローハ」 竹山正剛(たけやま まさよし)

ホテルグランヴィア大阪 レストラン部 スペイン料理&バル「ローザ・ローハ」
竹山正剛(たけやま まさよし)は、平成23年2月に東京で行われた
「第4回 JRホテルグループ レストランサービスコンテスト」で第1位を獲得しました。

「JRホテルグループ レストランサービスコンテスト」とは

全国にあるJRホテルグループでの勤続3年以上で、35歳までの若手スタッフを対象とし開催されるもので、各エリアの予選を経て選ばれたスタッフが、日頃磨いたレストランサービスの技能を競うコンテストです。

このコンテストは、「西洋料理レストランのディナータイムにおいて、“晴れの日”利用のゲストにテーブル担当者としてサービスを行う」という設定で、実際にお客様がホテルをご利用になるシーンに即した内容で行われます。お客様の名前や予約内容、ワインや料理に関する質問なども事前に定められており、選手は会場内に準備されたナプキンやグラスなどの什器を使い、的確なサービスと受け答えができるかが判定されます。
当日は、ゲストの入店からお見送りまで25分間という時間内で進行しなければならず、選手は技能・知識と共に、スマートな誘導も求められました。

師弟ふたりの努力が身を結んだ、1位獲得

竹山は本大会に向けて約1ヶ月間、200回近くの練習を積み重ねました。制限時間の25分を超えると減点となるため、通し練習を繰り返したと言います。仕事を終えた後の練習には、上司の森脇も付き合い、竹山が時間内に、より自然でスマートなサービスができるよう何度もアドバイスを続けました。優勝した後も「まだまだこれから」と、サービス向上の姿勢を失わないふたりの努力が身を結んだ本コンクールでの経験は、さらに他のスタッフへと引き継がれています。


PAGE TOP

本文に戻るにはここでエンターキーを押してください。
  • JRホテルグループ
ページの終わりです。ページ先頭へ戻るにはここでエンターキーを押してください。